頻尿(生理前になると起こりやすい場合もあるでしょう)の改善対策のために、カウンセリング(多?の民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)や心理療法(最近では、神経言語プログラミングやヒプノセラピーなどもよく知られています)を受けるという手段がありますね。これは頻尿のなかでも、特に心因性の問題がある場合に行われます。頻尿(夜に起こる場合には、夜間頻尿ともいいますね)といっても、膀胱炎や尿道炎など泌尿器(体内にある尿を作って排出を行う器官をまとめた表現です)系の疾患が要因で起きている場合には抗生剤なんかの薬が効果的で、その症状というのは薬を服用すればすぐに改善します。しかし、それとは別に、特に身体的な問題がないにも関わらず起きてしまう原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)不明の頻尿があるのではないでしょうか。そして、その原因は心因性のものではないかと疑われるものが多く、特に長時間席を外せないと思う緊張感が尿意を催してしまったりするような症状がその一例と言えます。こういう場合は、抗生剤などは全く効きないでしょう。ですから、逆に、抗不安薬なんかの薬が使用される場合があります。それと同時に、カウンセリング(多?の民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)や心理療法を併用することで心理的な不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)を取りのぞいたり、不安の元となっている精神的な原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)を付き止めたりといった事をする事により改善しようというものです。心因的なものは、人によってその重症度などにも違いがありますし、症状の出方にも違いがあります。そのため、一概にどのような方でも解消すると言えるものではありませんが、人によっては大きく改善される場合もあるらしいです。心因的な症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)ならね、頻尿(神経性頻尿や過活動性膀胱、泌尿器系の臓器の疾患、慢性腎不全、糖尿病などが原因で起こることもあります)にかぎらず改善に時間が必要なこともあります。でも、その原因や不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)を取り除けば、改善する見込みは大いにあるのです。恥ずかしがらずに、精神科のカウンセリングや心理療法を受ける事も是非考えて欲しいと思いますー